勉強会
2007年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

調査には第一印象は通じない。

■第4回

お客様も見て気づかれたところは指摘事項として完了時に指摘します。

ただし調査の指摘事項はお客様と協同してその場で了解のもと指摘します。

箇所は付箋に事項を書き紙テープで貼付けていきます。

調査の役割は分担ができていまして、時間の無駄がないように

協力して調査していきます。

指紋をつけないように手袋をはいて調査します。

最初一見して今日は指摘箇所が少ないかなーと思った時も

調査をし始めると以外と多かったりとかあります。

第一印象は調査では通用しませんね。

建具タテ枠と床とのスキマです。

2007年02月18日


まいスタイル

■第3回

我々の目指す内覧会調査スタイルはお客様の立場になって調査することです。

具体的にはどういうことでしよう。調査の秘密を明かしながら、

具体的に参考例を示し毎回ご説明していきたいと思います。

現場でお客様とお会いします。そのため顔写真をホームページに載せています。

お客様とハウスメーカーの担当者さんと一路部屋に向かいます。

我々は物持ちです。脚立、バック2ヶ、箱1ヶ、スタンド1ヶ、その他です。

こんなものをもってますからたいていわかりますね。

我々は2人、もしくは3人です。一人では調査は無理なのです。

今は担当者さんは打ち合わせがおわれば、たいてい事務所に引き上げてしまいます。

ハウスメーカーさんも慣れてきましたので、完了時にくればよいと思っているわけです。

持ち物の写真です。

2007年02月04日